乳がんの治療方法の今昔。昔は全摘しかなかった? - 保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーにインタビューしてみた

乳がんの治療方法の今昔。昔は全摘しかなかった?

 

乳がんの治療方法ってどんなのがある?


前の記事で人工乳房と健康保険について書きましたが、今記事では乳がんと治療方法について書いていきたいと思います。

一昔前の乳がんの治療方法と言えば、乳房の全摘出しかなかったようです。今のように検査方法も発達していないし、検査自体も行き届いてないから、早期発見出来ず、見つかった時には全摘しか無いような状態でした。


現在では、手術、放射線、抗がん剤、ホルモン療法の4つが主流です

進行度や患者さんの年齢などにより、これらの治療を組み合わせるのが一般的。

しかも、現在は、心理的負担を考慮して、なるべく手術以外の方法を取ることが多いし、手術の場合も、乳房を温存する手術が半数以上を占めるといわれています。


とにかく、乳がんの対処は早期発見が一番です。定期的な検診を心がけてくださいね。



女性向けのガン保険も相談できます

保険のビュッフェについて詳しくは


 

マンガで保険の見直しを解説中
manga.png

 

 

相談受けるならこんな人がいいかも
yokobana.jpg
保険のビュッフェのFPへのインタビューをまとめました

 

 

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーにインタビューしてみた All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます